フィトリフト 毛穴

フィトリフトは毛穴ケア!きゅっと引き締まったあの頃の様に

フィトリフト毛穴

 

肌の状態が悪ければ、カバー力の高いファンデーションを使っても時間とともに毛穴は目立ってきます。毛穴を隠そうとすればするほど、メイクが濃くなり実年齢より老けて見られてしまいます。そんな厄介やケアには適しているのがフィトリフトです。毛穴を消すことはできませんが、ケアを続けることで目立ったなくすることは可能です。

 

はたして、フィトリフトを使ってどのような毛穴ケアができるのか見ていきましょう。

 

毛穴が広がる原因は2つ

 

同じ日本人でも肌の白い方と黒い方がいます。これは遺伝的なものなのでどうしようもありません。
毛穴も同様のことがいえます。毛穴が小さい人もいれば、大きい人もいるのです。

 

当然ですが、遺伝的な毛穴の大きさを小さくすることはできません。

 

しかし、どうでしょうか。若い頃はそれほどまで毛穴は気にならなかったと思いませんか?
極端な例ですが、小学生の時は毛穴が大きい、小さいなどわからないのです。

 

つまり、歳を重ねるごとに毛穴が大きくなっていることになります。
どのようにして毛穴が大きくなってしまうのでしょうか。その原因は2つあります。

 

1つめはコラーゲンの減少です。
コラーゲンは重力に負けないように支えている重要な成分です。しかし、紫外線や加齢によって徐々に減少していきます。
コラーゲンが減少することで、肌を支える力が衰えると、肌にたるみがでてきます。肌がしたに下がるとということは、肌表面にある毛穴も下がってしまう事になります。
これが「たるみ毛穴」です。毛穴が縦長に流れるように開いてくるため、涙毛穴とも呼ばれています。

 

毛穴が気になってくる方のほとんどがこのたるみ毛穴です。

 

もう一つの原因が角栓の詰まりです。
毛穴は皮脂腺の出口でもあります。毛穴に皮脂や角栓が混ざって黒ずんだものがたまり、毛穴が目立ってしまいます。

 

コラーゲンとたるみ毛穴

肌のたるみはコラーゲンの減少によって起こると先ほど説明しました。それならコラーゲンを配合の化粧品を使えばいいものと思うかもしれませんが、コラーゲンは分子が大きいため、肌に浸透しにくいものなのです。
コラーゲン化粧品を使ったとしても、浸透力は弱く、肌の表面を潤わすことしかできません。そのため、たるみ毛穴に必要なコラーゲンを補うことも出来ませんし、十分な保湿もすることもできないんです。

 

コラーゲン入りの化粧品にはナノ化されたものあります。それなら乾燥による毛穴のケアはできるかもしれませんが、不十分です。
たるみはコラーゲンの減少によって起こりますが、たるみ毛穴の問題を解決するのなら、プラスしてエラスチンとヒアルロン酸が必要になります。
というのも、明確に言うと肌を支ええているのはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの成分だからです。

 

コラーゲンをよくベッドに例えられます。
ベッドの弾力を生み出しているバネの役目をしているのがコラーゲン、そしてそれをサポートしているのが、エラスチンやヒアルロン酸というわけです。主役はコラーゲンですが、エラストンもヒアルロン酸も肌の弾力には欠かせない成分です。

 

フィト発酵エキスとたるみ毛穴

毛穴ケア 

たるみ毛穴を対策するにはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補う必要があります。
この3つの成分は線維芽細胞というものから作られます。ここで登場するのがフィトリフトに含まれているフィト発酵エキスです。
フィト発酵エキスには線維芽細胞を促進させる働きがあります

 

線維芽細胞は促進させる成分は他にも沢山あります。知名度の高いプラセンタエキスも線維芽細胞を促進することができる成分です。
プラセンタエキストとフィト発酵エキスのどちらがより線維芽細胞を促進させたのか実験も行われています。

 

フィト発酵エキス

 

結果はフィト発酵エキスはプラセンタの2倍の増殖量があったようです。

 

フィト発酵エキスを配合したフィトリフトはたるみ毛穴をケアする非常に優秀な成分です。1本で全てを集約しているオールインワンジェルなので毎日、簡単に毛穴ケアができます。

 

角栓づまり

角栓の詰まりはフィトリフトではケアすることはできないので、他のアイテムで角栓を除去する必要があります。
角栓を除去に有効なのが、ピーリングと酵素洗顔です。

 

タンパク質を分解する酵素洗顔は、余分な角質を取り除く効果が高いです。
たまった角質をとって毛穴の回りの肌を柔らかくすると毛穴が目立ちにくくなります。

 

朝晩の2回洗顔も有効です。
皮脂が残っていると酸化されて肌を刺激し、毛穴を開かせる原因になります。
皮脂は寝ている間にも分泌されるので、夜だけではなく、朝も石けんなどで洗顔をしましょう。
ただ、洗い過ぎると逆に乾燥肌を招くことになるので、肌の状態を考えて行わないといけません。
肌の乾燥が気になるのであれば、水で軽く洗う、もしくはあぶらとり紙で余分な皮脂を取り除く程度にしておきましょう。

 

週に一度のピーリングをして肌表面の余分な角質を取り除けば、毛穴に角質がたまりにくくなります。毛穴周りの肌をやわらかくして毛穴を目立たなくする効果もあります。

 

 

※毛穴パックを使うのは止めておきましょう。
毛穴パックを使うと角質が取れて病みつきになりますが、毛穴パックで汚れた角質を取り除いても毛穴が小さくなりません。
唾液と同じように皮脂はとってもとってもでてきます。毛穴パックはよけいに毛穴を広げてしまう可能性もあるので、注意しておきましょう。

 

まとめ

フィトリフト価格 

フィトリフトは毛穴のケアする化粧品としては優秀です。毛穴は長年のケア不足によって大きくなったものなので、すぐに目立たなくなることはありません。しかし、続けているうちにその効果を実感することでしょう。化粧品には肌に合う合わない、テクスチャーの好き嫌いがあると思います。フィトリフトは送料無料、消費税込みで1980円で購入することができます。一度、頬、鼻の毛穴ケアにフィトリフトを試して見てはどうでしょうか。

フィトリフトお試し価格1980円

関連ページ

フィトリフトはシミに効果なし?美白化粧品と併用せよ
フィトリフトは独自の美容成分を配合しており、アンチエイジングケアには優れています。しかし、唯一ケアできいのが、シミです。そこで私が提案しているのがフィトリフトと美白化粧品を併用することです。フィトリフトと相性のよい美白化粧品を紹介
【これで解決】目尻・目元のシワに使ってほしいフィトリフト
最も老けた印象を与えるシワは女性にとって深刻な悩みです。フィトリフトに含まれている成分は乾燥にる小じわ、深いシワにも効果的なので、目尻、目元のシワが気になっている方に試してほしいオールインワンジェルです。
フィトリフトはアトピー肌に使える刺激の少ないオールインワンジェル
アトピー肌はバリア機能が低下しているので、水分が蒸発しやすい状態です。そのため、化粧品の成分が刺激になりやすい。そのケアとしてフィトリフトはオススメできます。独自配合のフィト発酵エキスはアトピー肌を守る保湿としては優れています。保湿成分も厳選されているので、安心して使うことが出来ます。
早くはない20代のエイジングケアにフィトリフト
20代の方でもフィトリフト使ってエイジングケアをすることは可能です。@コスメを確認してみても、フィトリフトを使っている20代の方はいます。毎日の積み重ねが将来の肌を作るのでフィトリフトで時短ケアをしてみて下さい。
フィトリフトは季節を問わず物足りなさを感じることなく1年中使える
オールインワンジェルは1つ簡単に保湿ケアをおこなうことができるので、人気です。しかし、夏には油分で重く感じたり、冬には物足りなさを感じたりと問題がでてきます。フィトリフトは使用量を調整するだけで、1年中、実感できる数少ないオールンワンジェル。